大きな限度額を低金利で借りるためには実績が必要

カードローンの金利は基本的に少額の借り入れ時には高くなり、大きな金額を借りる際には低くなる傾向にあります。借りるとは言っても利用金額ではなく限度額で、大きな限度額で契約ができれば金利も下がっていくため、借り入れ金額が小さいとしても限度額が大きければ金利負担は軽くなります。

 

しかし、初めての利用での初回契約時には、限度額は大きくならずに金利も高くなりがちです。消費者金融の場合では50万円を超える金額となるケースは稀で、基本的には10万円や20万円程度に留まります。

 

そもそも申し込み当日に借りられる最短即日融資の利用は50万円までとしているカードローンが多いため、早い借り入れを希望するとどうしても金額が小さくなり、金利も高くなってしまう側面もあります。

 

それよりも良い条件で借りるためにはそれなりの利用実績が必要で、しっかりとした返済を行う実績を半年程度重ねることで、限度額の増額やそれに伴う金利の引き下げが行われる可能性があります。初回では限度額が大きくなりにくい消費者金融のモビットでも、しっかりとした利用実績でモビットの限度額増額も現実的になります。

 

銀行のカードローンでは少し話が変わる場合がありますが、それでも見ず知らずの人にいきなり数百万円を貸し付けるのは銀行でも難しいものです。ある程度の実績を持った上であれば利用者側の要望も通りやすくなるので、今後の金利引き下げに期待する意味でも初回は早い借り入れで高い金利で妥協をするのも悪くはありません。